ドイツシュリンクのオリーブと新色のトスカニー(赤紫)を含めた数色でペンシースを作りました。
オリーブは落ち着いた雰囲気ながら優しい色合いで人気でしたが、ここ数年はほとんど製作出来ていませんでしたので、久しぶりの登場です。
トスカニーは赤のような紫のようなピンクのような不思議な色です。一瞬派手かと思いましたが、全くばけばしさはなく、深みと品のある赤色です。この絶妙な色を表現出来るペリンガーはやっぱり凄いなぁと、あらためて感じ、色だけでなく品質も最高水準の革で商品を作ることが出来る有り難さを再認識しながらの製作となりました。